加齢・年齢に負けない!アンチエイジングな生活習慣

加齢や年齢に負けない増強食

アンチエイジングサプリ増強食で落ちていた食欲が一週間後に戻り白血球の数も増えた

 

アンチエイジングサプリ増強食を飲んだ2人の患者さんの例を紹介しましょう。

 

2期の大腸がんの手術後に係った肺炎が完治した

 

aさんは、2期の大腸がんの手術後に肺炎を発症し、非常に危険な状態でした。

 

肺炎は死亡原因の第三位の、命に係わる病気です。

 

とくにaサンのようにがんをわずらい、体力が低下している場合は極めて危険です。

 

Aさんの免疫力を高めるために、アンチエイジングサプリ増強食をすすめました。

 

Aさんは、肺炎の治療を受けながら1日3粒を飲むようになりました。

 

すると、まったくなかった食欲が一週間後に回復し、10日後肺炎が完治。

 

リンパ球の数も増えている。

 

肺と肝臓に転移した4期の大腸がんの進行が抑えられたBさん

 

4期の大腸がんの手術後、肺炎と肝臓に転移が確認されたBさんは、抗がん剤治療を受けることになりました。

 

しかし、嘔吐や食欲不振などの副作用に苦しみ、一ヶ月で治療を中断せざるを得ませんでした。

 

抗がん剤治療を中断したBさんに、アンチエイジングサプリ増強剤を朝、昼、晩の食後に1粒ずつ、5か月間飲んでもらいました。

 

すると、抗がん剤治療を中断していたにもかかわらず、Bさんにはあきらかながんの進行や転移は見られません江下。

 

白血球にふくまれるリンパ球の割合も、アンチエイジングサプリ増強食を飲む前は約10%だったのが、飲んで5か月後には約30%にまで増加。

 

予想以上の改善ぶりに主治医は大変驚きました。

 

Bさんのリンパ球が増えた時期とアンチエイジングサプリの増強食を飲んだ時期が重なることから、アンチエイジングサプリ増強食によって治療効果が向上したと考えられています。

 

高齢化が進み、ふたりにひとりががんになる時代です。

 

がんを予防する一助として、免疫力を高めることは有効であると考えられます。

 

免疫力を高めることは有効であるとっ考えら得Rます。

 

主治医は、アンチエイジングサプリ増強食を活用するなどして、免疫力を高く維持することががんに対抗する方法として重要であると考えられています。

 

東京薬科大学がおこなった、がんを発症させたマウスを使った実験では、アンチエイジングサプリのベータグルカンを与えた結果、冷アルカリ抽出法、熱水抽出法で9割以上G赤井善。

 

熱アルカリ抽出法の改善率はなんと100%をしめした。