年齢に負けない!病気にならない生活習慣

アンチエイジングサプリの今後

学術論文を熟読してアンチエイジングサプリの安全性を確認した研究チームは、患者さん14人に協力してもらい、アンチエイジングサプリのβグルカンを使った試験を行うことにしました。

 

試験では大変優秀な結果が出たため、アンチエイジングサプリがもたらす効果に手ごたえを感じた、その後も7院の患者さんを対象に試験をおこないました。

 

試験の結果、全員にガンの増大が見られず、3人はがんが消失しました。

 

さらにほとんどの患者さんの生活の質が向上していたのです。

 

アンチエイジングサプリは薬がきかない…胃がんや末期の胃がんにも効果を発揮し移転ガン消失

 

試験に参加した患者さんの例をご紹介しましょう。

 

Aさんは、大腸がんの手術から2年後に、両側の肺への転移が確認されました。

 

抗がん剤治療を受けていたものの効果がなく、免疫治療を受けました。

 

開始して11か月間はがんの再発や転移もなく良好に経過していましたが、12か月目に両端の頸部リンパ節に転移が見つかりました。

 

そこで、Aさんにアンチエイジングサプリのβグルカンを1日300ミリグラムずつ飲んでもちったところ、2影T後には頸部リンパ節の…胃がんが消失したのです。

 

腫瘍マーカーのCEAは、26.6から25.7に改善。

 

免疫力の指標であるNK細胞活性も、35%から40%へと上昇していました。

 

余命6ヶ月といわれていたAさんあH現在、元気に職場復帰を果たしています。

 

IV期の胃がんと診断されていたBさんは、腹部大動脈付近のリンパ節は、腹部大動脈付近のリンパ説は、腹部大動脈付近のリンパ節は直径2~3センチものがん転移が見られました。

 

手術や抗がん剤治療を拒んでいたBさんは、免疫療法を受けるために治療を再開しました。

 

Bさんには、治療とともにアンチエイジングサプリのβーグループを1日300グラムずつ、4ヶ月のみ続けてもらいました。

 

すると、1万もあった腫瘍マーカーのCA19-9が8000まえ低下し、がんの進行は認められませんでした。

 

がんの治療・予防には免疫力の強化が必要です。

 

健康食品を活用する場合、科学的根拠や研究結果がしっかりとしており、人間がノンD根も無理のない量である必要があります。

 

その点アンチエイジングサプリは、とてもおすすめできる食品案オデウS。

 

アンチエイジングサプリのβグルカンは白血球の数を増やします。
また、免疫力増強作用はバツグンで、治療の質が向上すると医療機関でも話題となっています。

 

がん患者さん7人にアンチエイジングサプリのβグルカンを飲んでもらったところ、すべての患者さんでがんの進行が抑えられ、消失した人は3人もいました。

 

アンチエイジングサプリには今後のがん治療に大きな役割をになってもらう期待をかけたい栄養素といえます。