年齢に負けない!病気にならない生活習慣

βグルカンの課題

βグルカンは分子が大きくて吸収されないうえに、人間は分解する酵素を持っていません。

 

口から摂取しても消化吸収されず、抗がん作用は期待できないと考えられてきました。

 

ところが、血球が重ねられた結果、哺乳類の省庁にはアンチエイジングサプリのβグルカンの受容体があることがわかりました。

 

受容体とは、一種のセンサーです。

 

アンチエイジングサプリのβグルカンは口から吸収しても、免疫力を強化できることがこれで、判明したのです。
この研究は、2007年に英国の有名な科学雑誌「ネイチャー」に掲載され、世界中の研究者から注目をあつめました。

 

多くの動物実験でアンチエイジングサプリのβグルカンがもつ免疫力増強作用を確認した研究チームは、表参道よし田病院と共同研究を行ったそうです。

 

試験では、進行がんの患者さん14人に、治療と併用してアンチエイジングサプリのエータグルカンを1日300ミリずつ、6か月間にわたって飲んでもらいました。

 

すると、9人の患者さんに50%以上のがんの縮小がみられ、改善率は6割にも達しました。

 

ガンの消失まで言った患者さんも4人もいました。

 

この結果は、2002年の日本癌学会で発表Sれ、多くの医療関係者がアンチエイジングサプリを活用するきっかけとなりました。

 

アンチエイジングサプリの抗ガン力は強く、試した全員の進行が抑えられ4割はがんが消失した事実

 

アンチエイジングサプリには豊富な研究成果があり、がん患者でも安心して飲めると確信

 

患者さん自身の免疫細胞をいったん取り出して増殖活性化したあとで、再び体内に戻す「活性化自己リンパ球NK」があります。

 

現在でもがん治療に大きな効果を上げ、国内外から多くの患者さんが治療を受けています。

 

免疫治療の補助として、健康食品を活用することも有益です。

 

健康食品だけでがんを直すことはできませんが、治療と併用することで相乗効果がえられる可能性があります。

 

ただし、科学的根拠や研究結果があるものを選ぶことが重要です。

 

わたしががん患者さんにおすすめできる食品として、花びらだけというキノコが挙げられます。

 

アンチエイジングサプリが持つ機能性は、東京薬科大学のグループは長年にわたって研究されています。

 

アンチエイジングサプリには、抗がん作用が期待できるβグルカンという成分が豊富に含まれている。

 

これまで積み重ねていたアンチエイジングサプリに関する研究結果は、数が多いうえに内容もすばらしいものでした。