加齢・年齢に負けない!アンチエイジングな生活習慣

加齢・年齢に負けない!アンチエイジングな生活習慣

抗がん剤治療は栄養不足に要注意。

 

食欲を維持して免疫力を高めるひと工夫。

 

抗がん剤治療は食欲の低下を招きやすく、気力・体力が落ちる低栄養状態に要注意。

 

現在、がんの3大治療として手術療法、化学療法(抗がん剤治療)、放射線療法があります。

 

がんの治療を受けている多くの患者さんは痛みや不安、倦怠感など、心にカラダに多くの悩みを抱えることが少なくありません。

 

ガン患者の悩みの一つに食事の問題があります。

 

抗がん剤治療の副作用として吐き気や嘔吐、食欲不振、口内炎、便秘、下痢、貧血など、食事をとることが難しくなる病状が出るからです。

 

治療法や個人差はありますが、抗がん剤治療を受けると比較的早い段階で、抗がん剤治療を受けると比較的早い段階で現れるのが吐き気と嘔吐です。

 

2日目あたりから、食欲不振や下痢が起こり、一週間を過ぎると口内炎ができる患者さんも見られます。

 

抗がん剤は、がん細胞を攻撃する前の薬ですが、同時に施錠な細胞も障害を受けてしまいます。

 

とくに口から黄門までの消化管粘膜は抗がん剤の影響を受けやすいため、副作用として消極不振などが生じてしまうのです。

 

がん患者が抗がん剤の副作用による食欲不振だけでなく、低栄養状態に陥りやすい体になっています。

 

ガン患者さんは体に炎症反応が起こっているため、エネルギー消費量が多くなります。

 

加えて、栄養の球種うひゃ剛性の障害も起こりやすくなっています。

 

エネルギーが消費されているのにしっかりと食事をとれないがん患者は、低栄養状態になりやすい。

 

低栄養状態を判断するために、使われている指標に、血清アルブミン量があります。

 

3.5グラム/デシリットル以下まで下がり、深刻な低栄養状態になっている方もいました。

 

低栄養状態になると体力や面栄気力が落ちるため、十分な治療を受けられなかったり、治療を継続することさえ難しくなったりします。

 

体重の減少率は、自分で低栄養が疑われるかどうかを高める指標になります。

 

たとえば、過去6か月間の体重の変化で、60キロだった人が6キロ以上減量したとすると、その場合は、もとの体重の10%以上減少しているため、中等度以上の栄養不良があるとみなされてます。

 

一週間で体重が2%以上減少すると高度栄養障害が疑われるので、ときどき体重をチェックして注意すると良いでしょう。

 

入院しているがん患者さんの場合、病院によっては医師や看護師、薬剤師、管理栄養がチームを組んで患者さんの栄養状態を評価し、栄養治療計画を立案・指導します。

 

一方、在宅で抗ガン座治療を受けている場合は、患者さん自身による確認やご家族の協力の下で栄養状態をたもつことが必要になります。

 

抗がん剤治療の副作用には吐き気や嘔吐などがありますが、食欲がないから食事を楽しめないという患者さんも少なくありません。

 

がんや治療の副作用によって味を感じる舌の味蕾が障害を受けると味覚が変わり、食事が美味しく感じられなくなります。

 

副作用でできる口内炎の痛みや精神的な不安や緊張も、食欲を落としてしまいます。

 

食事は体力をたもち、精神面の安定にもつながる大切な要素です。

 

「食べなければならない」

 

という考えは、かえってすとれすをためることになり、逆効果です。

 

無理にでも食べなければならないとは思いこまないでください。

 

私が病院で指導していた、がん患者が食事をとるための工夫をご紹介しましょう。

 

食べられそうな料理を小分けにします。

 

たとえば「アンチエイジングサプリ」や「ミニおにぎり」です。

 

※参考サイト:https://xn--cckel7azaq4d2jpg6ce1h.com/

 

おにぎりはラップに包んでおけば衛生的ですし、ベッドサイドにおいておけば食べたい時にいつでもたべることができます。
ショウガや漬物、ふりかけなどで味をつけることもおすすめです。

 

食べる時間は気にせず、食べたくなったら食べると良いでしょう。

 

味覚が鈍り、塩味や甘味を感じにくい患者さんは、三宮出しのうまみを生かした調理をしてみましょう。

 

だしを濃くすることでうまみが協調され、食べやすくなります。

 

だしの種類は豊富にあります。

 

魚介系のだしが口に合わない人は洋風のコンソメや昆布茶を使うなど、いろいろ試してみてください。

 

食欲がないときは料理を小分け位にしたり、圧力鍋をつかってにおいを抑えると良い。

 

抗がん剤治療を受けているがん患者の中には、においに敏感になり、食欲を落とす人もいます。

 

炊き立てのご飯よりも、冷めたおにぎりの方が食べやすいという患者さんには、覚ますことで美味しく食べられる料理を考えてみると良いでしょう。

 

鍋を使ってにたきをするとにおいが広がるので、電子レンジや圧力鍋を上手に使って調理してください。

 

主食としておすすめできる食材にのどごごしがよく食べやすいそうめんがあります。

 

だしのうま味を効かせてたべてもいいでしょう。

 

量が食べられる患者さんや、プリンやヨーグルト、少量のフルーツでも構いません。

 

食べられるときに食べられるものを摂ることが重要なのです。

 

適切な栄養管理の目的は、がん治療をやり遂げるための体力をやしない、精神面のサポートをすることにあります。

 

しかし、それだけではありません。

 

口からとった食べ物を腸に届ける腸摂取は、胃腸の働きはもちろん、消化液分泌、神経活動、腸免疫、消化管機能を調整するホルモンの働きなどにも大きく関わっています。

 

象徴には絨毛というひだのような突起があります。

 

人間の体に必要な栄養分は、象徴の絨毛から取り込まれます。

 

ところが、点滴だけで栄養を補って蝶を使わなくなると、絨毛が萎縮した状態になり、さまざまな状態になり、さまざまな働きが低下してしまいます。

 

腸は免疫を多くをつかさどっているので、たとえ1口、2口でも食べ物を口にして胃や腸を働かせることが、芽根気力の向上につながっているのです。

 

それでも食べられない場合は、アンチエイジング サプリの摂取をおすすめします。